Gmailでラベルなしメールを検索するChrome拡張機能を作った

過去記事に反響があった(?)のでGoogle Chrome用の拡張機能を作ってみた。

chrome.google.com

 

※条件を設定して検索を実行しているだけですが…(汗)

 

↓過去記事

jcs502ulf.hatenablog.com

 

AWS の VPC Flow Logs を可視化

VPCでリジェクトされたアクセス元を可視化。詳細は後日。

f:id:jcs502ulf:20160208201320p:plain

 

Express 4.0.0 でBASIC認証

4.0.0で実装方法が変わったらしい。以下の方法で動いた。

インストール

$npm install basic-auth-connect

Express

var basicAuth = require("basic-auth-connect");

// middleware
app.use(logger("dev"));
app.use(bodyParser());
app.use(basicAuth("user", "pass"));
app.use(express.static(__dirname + "/app"));
app.use("/", router);

課題

特定のルートだけ認証させる方法がわからない。

参考サイト

https://www.npmjs.org/package/basic-auth-connect https://github.com/visionmedia/express/issues/1991

SimIsland

十数年前にCOBOL, Delphi, C++と作り継いできた食物連鎖のシミュレーターをD3.jsの勉強を兼ねて作り直した。で、せっかくなのでブログのサイドバーにも追加してみた。

名前はSimIsland

海の上に島があり、そこには草が生えていて、それをシマウマ(ピンク丸)が食べると草が減り、シマウマをライオン(赤丸)が食べるとシマウマが減り、するとまた草が生えてくる。というもの。

Eclipse 4.3 (Kepler) でJavaServer Faces 2.1プロジェクトを作成する手順

  1. GlassFishのインストール
    • JSF2.1ならGlassFish3.1 (JaveEE6の実装) を使う
    • JSF2.2ならGlassFish4.0 (JaveEE7の実装) を使う
  2. Eclipseにサーバーアダプターを追加
    1. メニューの[ウィンドウ]>[設定]
    2. [サーバー]>[ランタイム環境]
    3. [追加]ボタンをクリック
    4. [追加サーバー・アダプターのダウンロード]をクリック
    5. [GlassFish Tools]を選択
  3. Eclipseにランタイム環境を追加
    1. メニューの[ウィンドウ]>[設定]
    2. [サーバー]>[ランタイム環境]
    3. [追加]ボタンをクリック
    4. [GlassFish]>[GlassFish 3.1]を選択
    5. [新規ローカル・サーバーの作成]をチェックオン*1
    6. [次へ]をクリック
    7. [JDK]は[java7]を選択*2
    8. [Glassfish Server Directory]はインストールフォルダの[glassfish]を選択
    9. [完了]をクリック
  4. GlassFishホットデプロイを有効にする
    1. パースペクティブを[Java EE]にする
    2. [サーバー]ビューで対象のサーバーを右クリックして[開く]をクリック
    3. [公開]パネルの[リソースの変更時に自動的に公開]を選択
    4. [Ctrl + S]で保存
  5. JSF2.1プロジェクトを作成
    1. メニューの[ファイル]>[新規]>[プロジェクト]
    2. [Web]>[動的Webプロジェクト]を選択
    3. [ターゲット・ランタイム]は[GlassFish 3.1]を選択
    4. [構成]の[変更]をクリック
    5. [JavaServer Faces 2.1]をチェックオン
    6. [次へ]をクリック
    7. [次へ]をクリック
    8. [web.xmlデプロイメント記述子の生成]をチェックオン
    9. [JSF実装ライブラリー]は[GlassFish System Library]を選択*3

  6. CDIのBeanをJSFのManagedBeanとして使用する
    1. WEB-INFディレクトリ配下にbeans.xmlを作成
      <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
      <beans xmlns="http://java.sun.com/xml/ns/javaee" 
          xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
          xsi:schemaLocation="http://java.sun.com/xml/ns/javaee http://docs.jboss.org/cdi/beans_1_0.xsd">
      </beans> 

2014/1/28|誤字を修正 & コメントを追加

*1:まだサーバーを作っていない場合

*2:JREではなくJDKを指定すること

*3:複数のライブラリがある場合、プルダウン直下のコメントが[GlassFish 3.1 includes JSF 2.1 on system classpath.]になっていること

Gmailでラベルなしメールを検索する方法

以前から探していたが妙案がなく、ダメ元で英語圏を調べていたら、Googleの英語サイトに答えがあった。
Advanced search - Gmail Help
以下のキーワードでメール検索すると、ラベルなしのメールが検索できる。

has:nouserlabels
年末だしメールも掃除しよう。

ハイボールへの道

  1. 本格的な冬になるにつれて、体が暖まるお酒が飲みたくなった。
  2. スーパーに行ったら、結婚したばかりのころに義父に贈った田苑酒造の麦焼酎が売っていたので買った。
  3. しばらくは、焼酎のお湯割りで過ごす。
  4. たまたまスーパーに行く。ホッピーが売っていた。そういえば「酒場放浪記」で吉田さんも飲んでいたなぁ。
  5. 後日、我慢できずにホッピーを2本買った。爽も買った。
  6. 爽のホッピー割りで2日間楽しんだ。
  7. 爽が余った。
  8. 問題解決のためにコンビニでソーダを買った。すぐ横にサントリーの角瓶があったのをチラッと横目で見た。
  9. 爽のソーダ割りは微妙な味だった。というか、ただのアルコールの水割りだった。
  10. 問題解決のため酒屋に出かけた。
  11. 酒屋の店内を良くみるとハイボールが流行っているらしく、角瓶とソーダのセットや、グラスのセットなどがいっぱい売っていた。
  12. 「買いだ!」と思い、3種類あった角瓶のうち、とりあえず黄色のキャップのやつを手にとってレジに行った。もちろんソーダのセット。
  13. 家について奥さんに見せたら「オヤジくさい」と言われた。それがかっこいいんじゃん。
  14. ハイボールを作って飲んでみた。美味かった。ソーダとウィスキーのバランスがちょうど取れた頃合いのは抜群に美味い。